Search

市販の防風通聖散にはどのような商品があるの?

市販の防風通聖散にはどのような商品があるの?

市販されている防風通聖散には以下のような種類があります。

まずは生漢煎です。生漢煎は18種類もの生薬を満量で配合しているのが特徴です。

その18種類の生薬が代謝や便通、利尿などに働きかけることで肥満症や便秘、むくみの改善に効果が期待できるとされている製品です。

それからEGタイトpureです。この商品にも便通や代謝、肥満症に働きかけが期待できるとされている生薬が18種類、配合されています。

ただし全体的な配合量は生漢煎に比べると少なくなっています。

ですが、生薬が配合されたものが入っているとは思えないくらいパッケージがおしゃれなので持ち運びができると言う点、また顆粒タイプが多い防風通聖散の製品の中にあって錠剤タイプだと言う点においては、とても特徴がある製品だと言えます。

特に生薬が配合されていると顆粒の場合、苦みや渋みが気になり飲むのが難しいと言うことも少なくありませんが、錠剤であればそのような心配もほとんど要りません。

防風通聖散には錠剤タイプと顆粒タイプがある

防風通聖散には錠剤タイプと顆粒タイプがある

それからツムラ漢方防風通聖散エキス顆粒です。

ツムラは長年にわたり漢方についての研究を行ってきたメーカーです。そのツムラが販売しているこちらの製品は、エキスをそのまま顆粒にしていると言う点に特徴があります。

つまり、これをそのまま飲んでいるのと同じくらいの効果が期待できると言うことです。

顆粒なので飲みにくさはあるかもしれませんが、その点さえクリアできれば、即効性などが期待しやすい製品です。

それでもやはり顆粒タイプは避けたいと言う方は、小林製薬から販売されているナイシトール、ロート製薬から販売されている和漢箋、クラシエから販売されているコッコアポEXなどがおすすめです。

これらは全て錠剤タイプですから、とても飲みやすいと考えられます。

ナイシトールは2つの種類があり、それぞれ配合されている防風通聖散のエキスの量が異なります。ですから自分の体調などに合わせて製品を選ぶことができるのが特徴です。

和漢箋も配合量が異なる、更には脂肪の付き具合から選ぶことができる製品がいくつか並んでいます。

そしてコッコアポEXは、特に女性の体質の改善に着目して作られた、女性のためとも言うことができる製品です。

錠剤なのですがコーティングされているので、よりにおいなどを気にすることなく飲み進めていくことができます。

お試しサイズも販売されているので、気軽に試すことができると言うのも嬉しい点です。このように市販されている防風通聖散の製品には様々なものがあります。

防風通聖散は蓄膿症・副鼻腔炎にも効果的

防風通聖散は蓄膿症・副鼻腔炎にも効果的

蓄膿症・副鼻腔炎になると、鼻づまりが起きて呼吸が出来なくなるので、口だけで息をするようになったり、黄色くて粘っこい、嫌なニオイの鼻水が出続けるようになります。

何度鼻をかんでもまた出てきますし、そのうちに顔や目の奥、頭などが痛くなることもあるので、通常の生活を送りにくくなります。

仕事や趣味にも集中できなくなるので、そんなときは病院で治療を受けるか、防風通聖散で治しましょう。

蓄膿症の対策は鼻の中の構造を理解するところから始める

鼻の中は、主に鼻の穴の中である鼻腔と、副鼻腔から構成されています。副鼻腔は上顎洞、篩骨洞、蝶形骨洞、前頭洞の4種類に分かれていて、左右で計8つ存在します。

花粉などのアレルゲンが侵入してアレルギーを発症したり、細菌やウイルスに感染したりすると、副鼻腔が炎症を起こして腫れる、副鼻腔炎になります。

防風通聖散には、カンゾウやシャクヤク、レンギョウなどの抗アレルギー作用を持つ成分が含まれています。アレルギー性鼻炎から副鼻腔炎を起こしているなら、この漢方でアレルギー反応を抑えれば改善できます。

カンゾウやシャクヤク、ケイガイ、レンギョウには炎症を抑える働きがあるので、蓄膿症の慢性的な炎症を抑える効果を期待できます。

ボウフウという成分には風邪を防ぐ働きがあり、ウイルス感染の予防に役立つので、鼻の調子を良くしたいときは、防風通聖散が役立ちます。

病院に行くと、診察代や検査費用がかかりますが、漢方薬なら簡単に入手できるので、自宅で治したい方におすすめです。

副鼻腔炎には急性と慢性がある

副鼻腔炎は急性と慢性に分かれていて、急性は鼻風邪がきっかけで起こる場合がほとんどです。この場合は膿を吸引したり、薬を使えば、短期間で症状を改善に導けます。

なかなか治らず、症状が3か月以上続く場合は慢性なので、それ以上に悪化させたくないなら、早めに治療を始めなければなりません。

慢性副鼻腔炎ともいう蓄膿症は、風邪がなかなか治らなかったり、アレルギー性鼻炎で鼻水が出続けたときなどに、副鼻腔の炎症が治まらず、本来なら空のはずの副鼻腔に膿が溜まってしまった状態を指します。

風邪の治療をきちんとしていなかったり、花粉症などのアレルギー性鼻炎を放置していると、蓄膿症になりやすいので気を付けるようにしましょう。

蓄膿症になると、副鼻腔内に膿がどんどん溜まっていき、排出できなくなるため、炎症がよりひどくなります。

嗅覚障害や味覚障害を起こし、においや味を感じ取れなくなることもあるので、そうなる前に防風通聖散を飲んで、治すようにしましょう。

防風通聖散は便秘やむくみ解消にも良いって本当?

防風通聖散は便秘やむくみ解消にも良いって本当?

防風通聖散は発汗作用、利尿作用、便通作用が期待される漢方薬で、まさに便秘解消やむくみに効果的とされています。

また歴史も古く、ニキビ治療としても使用されていました。各製薬会社から違う名称で販売されている事もあり、後々実は防風通聖散だったという事も少なくないのです。

そしてこの漢方薬とは、生薬と呼ばれる自然の材料が使われている薬で化学成分が含まれていません。

その為、根本的な治療を施すというよりは、体の機能を高めて間接的に治癒を目指すといった方が正しいでしょう。

また生薬によって飲み合わせが悪い物がありますので薬同様注意が必要です。

防風通聖散に含まれる18種類の生薬の働き

防風通聖散は約18種類の生薬から作られています。その中の生薬の効能として便通を良くする作用の物、不要な水分を排出しやすくする作用、血流を良くする作用のある生薬をミックスさせて作り上げられています。

それぞれ一つ一つの生薬に意味があり、効能がありますので相乗効果でより効果を発揮させやすい調合として古くから使われ続けている漢方薬です。

防風通聖散は服用することによって、生薬が体内で働き体温を上げ汗をかきやすくさせます。

汗をかくという事はそれだけでエネルギーを放出させやすくしている状態ですので、余分なエネルギーも排出されやすい、という事に繋がります。

また血行を促進させる生薬が新陳代謝を高めてくれますので、老廃物も排出されやすくなり、便秘解消やむくみ改善にも繋がります。

便秘を改善されると体調にも良い影響を及ぼします。

栄養は腸で吸収されますので、腸内環境が整うことにより、体の中から改善されて行き、美肌効果や健康増進、抵抗力の促進に繋がります。

その為、風邪を引きにくくなって病気に強い体へとシフトしていける、という事にも繋がります。

防風通聖散はどれくらいの期間飲めば効果を実感できる?

防風通聖散はどれくらいの期間飲めば効果を実感できる?

漢方薬は飲めば、すぐに効果を発揮するという事ではありません。化学物質は配合されていませんので、長い目を見て服用を続ける事で効果が発揮されます。

最低でも1、2か月は服用を続ける必要がありますが、根本的に便秘解消やむくみ改善という事ではなく、体質改善という意味で使用される漢方薬ですので、長期の服用が必要となるのです。

体質改善をすることによって、本来の悩みを根本的に改善させる目的があります。

そして、多くの女性の悩みでもある便秘やむくみは、女性にとって死活問題となりうる事です。

放置すればするほど、どんどん悪循環に陥りますので防風通聖散をうまく利用して体質改善していき、またデトックスしていくことはこれからの健康と美容に繋がります。

漢方の満量処方とはなにか

漢方の満量処方とはなにか

よくドラッグストアで見かける漢方薬には、「○○満量処方!」という謳い文句が描かれています。

こういうのを見ると、なんとなく「有効成分がたくさん入っているのかな」というイメージを抱きますし、大まかにはそれで間違ってはいませんが、正しい理解をしておくに越したことはありません。

ここでは、これらの言葉の定義について見ていきましょう。

漢方薬の処方には厳格な量の決まりがある

漢方薬には、それぞれの処方について厳格な生薬のグラム数が決まっています。

仮に、「××湯」という処方があったとします。その処方は「カッコン10グラム、マオウ4グラム、シャクヤク8グラム、カンゾウ2グラム」だとすると、医療用のものなら何も注釈がなくともこの通りの分量、生薬が必ず含まれています。

しかし市販の一般用医薬品の場合、「××湯」という商品であっても実際の生薬量は「カッコン5グラム、マオウ2グラム、シャクヤク4グラム、カンゾウ1グラム」と半量ほどであることが多いのです。

生薬の量が少なければ基本的には効果も薄くなるため、これはあまり効果を期待できずおすすめできません。

しかし、ドラッグストアなどに売っている市販品であっても「満量処方の××湯」と書いてあれば必ず先述の「カッコン10グラム…」が含まれている、医療用と同じ生薬量が保証されているということです。

防風通聖散と満量処方

防風通聖散と満量処方

漢方薬はあまり馴染のないものと思われがちですが、実はかなり身近に存在しています。

ダイエットに効果ありと噂の高い防風通聖散もその一つで、この通りの名前でも売っていますし、各社が名前を変えてダイエット用の内服薬として売り出されているケースもあります。

古くから肥満症の人に処方されている漢方で、歴史があるだけに副作用などにもデータが蓄積されており、安心して飲めるのが特徴です。

防風通聖散は基礎代謝を上げ、便通を良くして毒素を排出しやすくするためダイエット目的の他、美肌やむくみ解消にも効果的です。

これも漢方であるため、満量処方のものを探して利用するのが一番賢いでしょう。

防風通聖散はトウキ・シャクヤク・センキュウ・レンギョウ・ハッカ・ショウキョウなど18種類もの生薬からなりますが、いちいち自分で成分の分量をチェックせずとも「有効成分満量処方」と書いてあるものを選べば大丈夫です。

名前が違ってどれが防風通聖散か分からない場合は、薬剤師さんに聞けばどれが該当するか教えてもらえます。服用には注意点をよく調べ、処方通りの飲み方・間隔を守って焦らず続けることが大切です。

防風通聖散のダイエット効果を徹底検証

防風通聖散のダイエット効果を徹底検証

防風通聖散によるダイエットは、結論から言うと非常に効果があります。ただし、効果的なダイエットを行うためにはいくつかのポイントがあります。

まず、運動などで体内から消費するカロリーと食事などで体内に摂取するカロリーのバランスをよくすることが大切です。

これは防風通聖散に限らずどんなダイエットでも言えることですが、実際に摂取するカロリー以上に消費してしまうと、体内に必要な栄養素が十分に行き届くことなく、痩せてしまいます。

体を支える筋肉がやせてしまう恐れがあり、酷いと骨と皮だけのみすぼらしい人間になってしまいます。

そうならないように、防風通聖散を飲むと同時に適度な運動をして、運動後には水分や必要なカロリー分ある食事を採るように心がけましょう。

ダイエットをする際の防風通聖散の飲み方

ダイエットをする際の防風通聖散の飲み方

次に、防風通聖散野の飲み方についてです。基本的には漢方は食前に飲むことが必須になります。これは、腸の働きを良くして、吸収しやすくするためです。

余分な栄養素を過度に体内に取り込まないようにすることで、食べ過ぎや飲み過ぎを未然に防ぐことが出来ます。

これにより、意識せずともよりベストな食事量を調整することが出来るので、安心して食事に集中することが出来ます。

目安は食事の1時間前が良いです。これは、腸内に漢方が行き届くのにしばらく時間が掛かり、そこから腸の働きをよくするのにかかる時間の目安が大凡これくらいの時間だからです。

あまりに早いと、逆効果になってしまい、腸を必要以上に疲れさせてしまいます。

吸収のタイミングが遅れてしまい、結局いつもと同じ程度食べ過ぎてしまう可能性も大いに考えられます。

防風通聖散は粒状と粉状どちらが良いのか

次に重要なポイントは、防風通聖散を粒状で飲むか、粉状で飲むかです。どちらが良く聞くかと言われると、粉状で飲んだ方が効果があります。

腸にすぐ届いてから活性化するまでが粒状に比べてかなり早いです。ただし、漢方特有の苦みというのが付いて回るので、どうしても苦手な人は粒状でならしていった方がいいです。

最悪なのは、嫌煙してしまい、本来毎日飲まなければならないものを2日に1回など回数を減らしてしまうことです。

せっかくダイエットして我慢してきたのに、最も効果が上がるはずのものを中断してしまっては本末転倒になってしまいます。

毎日少しの量でも飲み続けることで、体をダイエット向きの体にしていくことが重要になります。以上のポイントに気をつけることで、理想とする体を手に入れることが出来ます。